「免疫力」とは?

 

「免疫力を上げよう」という言葉をよく耳にすると思いますが、「免疫力」とは、一体何なのでしょうか?

 

多くの方は、「敵をやっつける力」であり、それを強くすることで、外敵に負けない身体になる、だから、免疫力は高い方が良い、と考えていると思います。

 

一方で、熱が出た時、「身体が一生懸命戦っているんだよ」と聞いたこともあると思います。なので私たちは、命を脅かすほどの高熱でない限りは、身体を温め、頭寒足熱などで熱が出ている身体をサポートします。

 

また、咳やくしゃみは、異物を外に出す作用であることも皆さんご存知だと思います。

 

つまり、私たちが「症状」だと感じていることの多くは、免疫がとても活発に働いている証でもあるのです。身体で炎症が起きている部位は、免疫と外敵の戦場と例えることもできます。

 

外敵が多かったり、強力である時、免疫は大々的に作動し、炎症が起こります。

 

外敵が少なかったり、強力ではなかったり、また、過去の経験から、侵入物が敵であることを素早く察知すれば、それほど大規模に戦わずとも、免疫システムの中の歩兵的な存在や、身体に備わっている様々な浄化システムによって、素早く、軽く対処することができます。

 

異物がそこまで多くなく、強力でもないにも関わらず免疫が暴動を起こしてしまうこともあります。それが、アレルギーや自己免疫疾患と呼ばれる状態です。今では、うつ病などの精神疾患も含め、あらゆる病に炎症が確認されており、自己免疫疾患の一種と言えるのでは、と考える動きもあります。

 

 

では、なぜ暴動が起きてしまうのでしょうか。

 

その原因は実に様々ですが、広い意味でのストレスは代表的な原因の一つです。

 

ストレス、というと、精神的なイライラや不安を思い浮かべるかもしれませんが、毒素への曝露や過度の運動といった、身体的なことも含まれます。

 

私たちはみんな、ある程度のストレスを経験し、抱えながら生きていますが、ある時突然、大きな量のストレスがかかると、免疫が暴走し始めるリスクが高まります。

 

例えば、花粉症は、都会では桁違いの、自然ではない量の花粉を吸うため、発症してしまいます。一旦免疫がリアクションをとってしまうと、その後、花粉に対しての警戒がとても高まり、少しの量でも反応してしまうようになります。

 

他にも、大量の塩素を一度に浴びることによるアトピーの発症や、大量のカビを吸うことによる化学物質過敏症の発症でも同様です。

 

精神的に、とてもショッキングなことがあると、その出来事が引き金となって、PTSDのみならず、リウマチ症などの自己免疫疾患を発症する方も多くいらっしゃいます。

 

 

では、風邪を頻繁に引いてしまうのは、どういうことなのでしょうか。

 

ストレスや様々な生活習慣によって、免疫の初段階での働きが低下すると、異物をたくさん身体に入れてしまったり、異物が入ったのち、身体の中で増殖することを許してしまいます。そうすると、知らない間に許容量を超える量の異物が体内にあるため、免疫システムがたたき起こされて炎症が起きます。

 

免疫の低下と上昇のリズムが極端な状態です。

 

日常における風邪や痛みは、とても有り難い免疫の働きですが、生活や命に影響を及ぼすほどの炎症を起こさないためには、

  1. 異物への曝露を減らす
  2. ストレスを適度にする+睡眠、瞑想や呼吸法を大事にする
  3. 基礎的な免疫の働きを高め、身体の中の異物量が多すぎないようにする
  4. 免疫調整機能のある植物や瞑想、呼吸法などを取り入れる

ことが必要です。

 

なので、「免疫力」とは、ただ免疫がとても活発に働いているということではなく、適切に賢く働ける免疫の力、と捉えることができます。

 

①と②を心がけることで、③の、免疫の基礎的な働きをサポートすることができます。大気汚染や水質などは、自分の力ですぐに解決することはできませんが、身近なことで取り組めることはたくさんあります。例えば、日々の食事や化粧品、衣類から、化学物質を除くこと。身体の表面や粘膜、体内にすでに異物がたくさんあると、表皮や血液、腸、神経の働きが鈍ったり、異常な反応が起きたりします。それらは全て、免疫に関わる部位なので、免疫の働きにも支障をきたします。

 

食事に関しては特に、加工されていないものを摂ること。農薬や化学肥料が使われていない、自然の野菜や果物を食べることで、新たな化学物質が入ってこないだけでなく、身体の中に溜まっている毒素を排出することができます。そうすることで、自分の身体が綺麗になるだけでなく、環境をきれいにすることもサポートできます。土や空気、水がきれいになることで、私たちの心身もきれいになる、という好循環が生まれます。

 

ストレスを適度に保つことも、自分自身で取り組めることです。

 

ストレスに関しては、あまり固定観念に捉われず、自分に合った方法を、できれば複数見つけると、様々な状況に対応できるようになります。

 

ストレスシステムについては、また別の機会に詳しくお話ししたいと思います。

 

 

ターメリック

 

④植物によっても、免疫を高すぎず低すぎず、適切な状態に保つサポートをすることができます。そのような効果を、免疫調整機能(immunomodulatory effect)と言います。この機能を持つ植物はとても多く存在しますが、特にその能力の高い植物の一つは、ターメリックです。

 

ターメリックに含まれているクルクミンという成分が、免疫システムが落ちすぎている時は高め、免疫が上がりすぎている時は鎮めてくれます。

 

クルクミンは、ブラックペッパーや良質の脂質と共に摂取すると、吸収率が上がります。

 

ターメリックは、アーユルヴェーダドクターにも*、また、統合医療や自己治癒力といった概念のパイオニアであるDr. アンドリュー・ワイルやそのチームの自然療法家によっても、感染症の対策としてすすめられています**。

 

Sky Highでも、ターメリックはZEST、LIFERのジュースで使用されている他、ターメリックパウダーをスムージーに追加することもできます。

IMG-2789

organic purple and yellow turmeric

今の時期に、お家での料理に意識的にターメリックを取り入れてみたり、Sky Highでターメリック入りのジュースやスムージーにトライしてみてください;)

 

習慣を変えることは、最初は大変だったり、人間関係で悩んだり、ストイックになりすぎたりしてしまうかもしれませんが、試行錯誤しながら続けることで、だんだんバランスが取れるようになります。最初からバランスの取れた状態を見つけることは至難の技です。自分の方法と自分のペースで取り組んでくださいね。

 

 

いつもありがとうございます。

健やかな日々を過ごせますように!

 

spice

 

* Panda, A. K. et al. (2020). Ayurveda practitioners consensus to develop strategies for prevention and treatment of Corona virus disease (COVID-19). Journal of Ayurveda and integrated medical sciences, 5(1), 98-106.

** Alschuler, L. et al. (2020). Integrative considerations during the COVID-19 pandemic. Explore, In press, Corrected proof, 1-3.

well-being

Sky High newsletter

Welcome!

月に2回お届けするニュースレターでは

ジュースやRaw Food、Veganのこと

更に、健康、医療、環境など

人間と地球のWell-beingにまつわることを

お届けします。

carles-rabada-yuJ95qXvPmA-unsplash

Coping with Eco-anxiety

森林火災、台風、温暖化…

立て続けに起こる自然の猛威に、

そして、それらは人間によって引き起こされているということに、

私たちは少なからずストレスを受けています。

一年ほど前から、Eco-anxiety:環境不安症という言葉が

心理学の分野で登場するようになりました。

他にも、climate anxietyやecological griefといった言葉も用いられ、これらは全て

自然災害やこれからの自然環境と気候変動への不安を抱えた状態を示します。

Eco-anxietyは、通常の不安症のような、正式な精神疾患ではありません。

むしろ、現在の地球で起きていることへの正常な反応であるとされています。

とはいえ、伝統的な生活をしていて、自然の変化を間近に見ている先住民や、

感受性の強い子供たちなどは、

日常生活に支障が出るほどの不安を抱えることがあります。

都会に住んでいる人たちは、日常的ではなくとも、

大きな自然災害を通じて、一体地球に何が起きているのだろう、と、

実際に見て触れて感じられないからこそ生じる特有の不安があるかもしれません。

ですが、不安な気持ちばかりでは、自分自身の生活も、地球環境も好転しません。

今回は、自然環境に対する不安症を解消するための方法をいくつか提案します。

  1. 行動を起こす

不安な気持ちに強力に効くのは、とにかく行動することです。

どんな小さなことでも構いません。

プラスチックストローを使わない、マイボトルを使う、天然素材の服を着る、

飛行機の利用回数を減らす、お肉の消費を減らす、石鹸・洗剤を見直す

など、自然環境に貢献できることのアイデアは無限大です。

そして、自然に良いことは、自分にも良いことばかりです。

かといって、完璧を目指してあらゆることに取り組むことは禁物です。

自分のライフスタイルがまだまだ環境を傷つけている、と恥じることなく、

また、他の人が小さなことしかできていなくてもジャッジすることなく、

できることから始めて、できたことにフォーカスしましょう。

  1. 活動に参加する

環境問題が増加するにつれ、

環境問題に関するイベントや活動団体が増えてきました。

ご自宅の近くで参加できるイベントに参加してみましょう。

きっとそこで、同じように不安を抱えている人、何かしたいという気持ちの人

と繋がり、安心して自分の意見を聞いてもらうことができます。

たくさんの活動家と触れることで、希望の光が見えてくるかもしれません。

また、自分が次に起こす行動のインスピレーションももらえるかもしれません。

 もし近くで参加できるイベントも団体も無い場合や、

大勢の人が集まる場所が苦手な方は、

ウェブ媒体を調べてみるのも良いアイデアです。

  1. 自然と触れ合う

たとえ都会に住んでいたとしても、自然を感じているようにしましょう。

季節によって移り変わる植物や空模様、朝の鳥のさえずりに目を向ければ、

自然の強さや美しさを感じられます。

いつも最短距離の道を歩いていたら、

公園や河川敷のある道を遠回りしてみても良いかもしれません。

意識的に機会を作って、山や海に行けると、より自然を感じることができ、

更には私たちの自律神経や免疫システムが整います。

自然の写真、映像、音、香りによっても、私たちのストレスレベルは下がることが分かっています。

Sky Highにできること

Sky Highの環境への取り組みとして、

一昨年からガラスストローの店内使用および販売を開始しました。

そして、昨年から遂に、グラスボトルでのジュース販売を始めました。

プラスチックフリーができる喜びと、

グラスボトルの口当たりの良さも体験してみてください。

プラスチックボトルの便利さも残すため、

現在は約50%をガラス瓶にしています。

内容量は350mlで、500mlプラスチックボトルのジュースよりも

お求めやすい価格となっております。

使用済みグラスボトルを当店にご返却いただいた場合、

100円をお返しいたします。

(コロナが落ち着くまで100円お安く販売 リサイクルは一時お休みさせて頂きています)

Sky HighのジュースやVegan foodsで、

パワフルな植物と自然の力を感じましょう。

eco

スクリーンショット 2020-05-06 19.00.29

CBDオイルの素晴らしい効能について、改めて基礎的なところから学んでいきましょう。

image-top-main-slide4_5e9d8523a13b9

CBD – introduction –

 

CBDオイル、ベイプ、ロールオンなど、様々な形で普及しているCBD。

その素晴らしい効能について、改めて基礎的なところから学んでいきましょう。

まずは、CBDにまつわる用語の整理から。

 

アサ/ヘンプ

アサ(cannabis sativa)は、アサ科アサ属の植物の総称です。

私たちが「ヘンプ」という時は、アサの中でも、主に繊維利用を目的とした産業用のアサを指します。

 

CBD/THC/カンナビノイド

CBDは、カンナビジオール (cannabidiol) の略で、アサの成分の一つです。

カンナビノイドはヘンプ特有の成分の総称で、その種類はおよそ110種に及ぶとされています。なので、言い換えると、CBDはカンナビノイドの一種である、ということです。

 

医療大麻に含まれるTHC(テトラカンナビノール)も、カンナビノイドの一種です。一つ一つのカンナビノイドが、それぞれの性質を持っています。

そして、アサの種類によって、カンナビノイドの配合が異なります。

THCが多く含まれているアサもありますが、産業用であるヘンプにはTHCがほとんど含まれず、CBDが多く含まれています。

 

アサに含まれるCBDのような植物由来のカンナビノイドのことを、植物を意味するフィト(phyto-)という言葉をつけて、フィトカンナビノイドと呼ぶこともあります。

フィトカンナビノイドの中には、実はヘンプだけでなく、ヘリクリサムなど他の植物にも含まれていることが近年明らかになってきています。

 

エンドカンナビノイド

一方、エンド(endo-)という「内因性」を意味する言葉がついた、エンドカンナビノイドは、身体の中で生成されるカンナビノイドのことです。多幸感をもたらすアナンダアミドがその例で、現在10種類の存在が認められています。

 

身体の中でカンナビノイドが働くシステムのことを、エンドカンナビノイドシステムといいます。このシステムは、人間だけでなく、多くの動物に生まれつき備わっていて、脳をはじめとして、様々な内臓、免疫細胞まで、全身に行き渡っています。

 

エンドカンナビノイドは、1日の中のバイオリズムや運動、精神的/身体的ストレスに応じて身体の中で生成され、食欲、睡眠、身体の動き、鎮痛、免疫、記憶などを調整することで、必要以上のストレス反応が起きないようにしたり、自己治癒力をサポートしたりしてくれます。そのため、身体の中のカンナビノイドが不足している場合は、これら心身の働きに不調をきたすことがあります。そのような状態のことを、Clinical Endocannabinoid Deficiency (CECD) 、カンナビノイド欠乏症と呼びます。

 

カンナビノイドを適切な量に保つ方法

身体の中のカンナビノイドは、心理的なストレスや身体への負担が慢性的になると、どんどん消費されていってしまいます。

ここで、カンナビノイドを補給するための方法を3つ紹介したいと思います。

 

  1. 良質な脂質を摂取する

エンドカンナビノイドの原料は、オメガ3、オメガ6などの脂質です。

良質な脂質を摂取することで、エンドカンナビノイドの材料を補給することができます。また、成分が損なわれていないカカオにはアナンダアミドそのものが含まれています。

 

  1. 運動

適度に身体を動かすことで、エンドカンナビノイドシステムが刺激され、エンドカンナビノイドが生成されます。

興味深いことに、歌うこと、踊ることがとても効果的だそうです。

 

  1. フィトカンナビノイドを摂取する

最後は、外からカンナビノイドを摂取する方法です。

現在、様々な植物がエンドカンナビノイドシステムをサポートする効果があることが明らかにされつつありますが、ヘンプを原料としたCBD製品を摂取することは、簡単かつ直接的にカンナビノイドを身体に取り入れることができる方法です。CBDだけでなく、他の様々な微量のフィトカンナビノイドやその他の有効成分をバランスよく含むものがより効果的です。

 

CBDを摂取することだけが身体のカンナビノイドを増やす方法ではありませんが、心身に急なストレスがかかった時、慢性的にストレスが続く時、日々の食事や活動ではまかないきれない分をCBDがサポートしてくれます。

Sky Highでは、デンマーク発、ENDOCAの良質なCBD オイル、バーム、リップスティックを扱っています。

ENDOCAは、できる限りヘンプの品質を損なわないよう、CBDをはじめとした有効成分をオーガニックヘンプオイルに抽出しています。
CBDオイル(ドロップス)の内服により、神経系全体が整い、様々な炎症を癒してくれます。また、なかなか眠れない、眠りが浅い時は、就寝前に舌下に適量のオイルを落としてみましょう。
CBDを塗ることによって、よりターゲットを絞って癒すことができます。
特定の部位に痛みがある、炎症が起きている場合に効果的です。
バームとリップスティックのみならず、ドロップスも、スキンケアとして使うことができます。

痛みなどの症状がない日常でも、CBDを摂ることで、深い落ち着きを経験することができます。日々、平和に過ごすために、ぜひ生活に取り入れてみてください。

またの機会に、より具体的にCBDがどのような症状に効果があるのかについて、掘り下げていきたいと思います。

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

良い一日を!

 

CBD oil 購入先:shop.skyhigh-tokyo.jp

endo